記事一覧

レバレッジ投資をするなら上げ相場に寄り添ってETFを買え!


topブログレバETF相場

みんな大好きレバレッジドETFのデメリットについてです。

買うタイミングが正しければ大儲けできます。

ですが、逆にタイミングを間違えれば、 レバレッジの効いていないETFより悪い結果を導きます。

そのため、買うタイミングには細心の注意を払う必要があります。
さて、いつ購入するのが適切なのでしょうか。
購入タイミングを理由と共にご説明します。
最近レバレッジドポートフォリオが流行っているな。SPXLをドーンと買うか!
待って!確かにレバレッジドETFは購入代金以上のマイナスを負わない素晴らしい商品だけど、得意な局面と不得意な局面があるから、話を聞いて!



1.結論:買うタイミングは相場に寄り添え。V字形の相場を避けろ

ブルタイプのレバレッジETFを買うタイミング:上げ相場
ベアタイプであれば下げ相場

「相場に寄り添え」が特に大切な原理となります。

V字形の相場ではレバレッジタイプではなく、 経費率の安いETFを買うのが適切です。


2.理由1:レバレッジETFのほうがリーマンショックからの回復が遅い

では、V字形の相場であるリーマンショック時、
SPY(S&P500)とSSO(S&P500の2倍ブル)が どのように振る舞ったか確認します。

SPYとSSOのチャート

リーマンショック前の株価に戻った日は以下の通りとなっており、 レバレッジETFのほうが遅いことが分かります。

銘柄リーマンショック前の
株価に戻った日
SPY2012/3
SSO2013/10

2017年からの適温相場(ゴルディロックス相場)を経て、 何とかブルETFのほうが勝っている程度です。

やはりV字形のときはブルETFは弱いですね。

the best way to make money with leveraged ETFs is to trend trade. V-shaped recoveries are extremely rare.
訳:レバレッジドETFで儲けるには相場に従うことです。V字形の相場で儲けをあげることは非常に珍しいです。 -investopediaから出展。


ポイント

レバレッジドETFのほうが、普通のETFより下落から復活が遅いときもある




3.理由2:やはり長期保有は厳しいと考える理由は経費率

インデックスファンドやETFの利益を減らす最大の敵は経費率です。

ブルETFではその経費率が約1%であり、 他の優秀なETFに比べ高い水準となっています。

そのため長期保有には、通常のETFに比べて不向きと考えています。

VTI
であれば経費率は0.04%です。

4.雑学:SBI証券で買えるレバレッジ銘柄

SBI証券会社で買える一覧を記載します。
銘柄説明
SPXL米国ブル3倍
SPXS米国ベア3倍
EDC新興国ブル3倍
NUGT金鉱株ブル3倍
DUST金鉱株ベア3倍
TMF米20年超債券ブル3倍
TMV米20年超債券ベア3倍
DRN米国REITブル3倍
DRV米国REITベア3倍
TNA米株小型ブル3倍
CHAU中国A型CSI指数ブル2倍
INDLMSCIインディア指数ブル3倍
RUSLロシアブル3倍
CURE米国ヘルスケアセクタブル3倍
FAS米国金融株ブル3倍
LABU米国バイオテセクタブル3倍


ポイント

案外色々なレバレッジETFを日本の証券会社でも買うことができる

5.まとめ

まとめます。

レバレッジETFを保有するなら・・・相場に寄り添え。

その2つの理由は、
2.理由1:レバレッジETFのほうがリーマンショックからの回復が遅い
3.理由2:やはり長期保有は厳しいと考える理由は経費率


「つまり、モメンタム!!!(騰がり始めたらor騰がると思うなら買う)」

同様の考え方で「 >> 確定拠出年金でモメンタム投資 << 」 を実践しています。
合わせてどうぞ。


オススメ記事1

今後のレバETFはSPXLよりEDC!?
top成績

オススメ記事2

EDCを購入した成績を公開中!
top成績

ご覧の通り、V字相場には弱いです。
そのため、レバレッジドETFを買うなら、この後は上昇相場になる!と思うときに買うのが良いと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shovet Plaude

Author:shovet Plaude
家族4人のサラリーマンの父(喘息持ち)が40代での早期退職を目指す!
・喘息持ちの平社員が投資をして早期退職
・家族重視のライフワークバランス
・育児休暇取得しながら、マイペースに仕事
・電波が専門の元SWエンジニア、なぜか今は事務系

【投資方針】
・全世界株に長期投資。
・7割はインデックス投資、2割は個別株、1割は仮想通貨+VIX指数など



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければクリックを♪

ブログ資産化ゼミの紹介

shovetも参加しているグループの紹介。
興味のある方は画像クリック↓
180408-4.png