記事一覧

上場を延期したNAMコインをICOで購入した3つの理由!


NAM.png

様々なICOがありますが、どれに参加するか非常に難しいですよね。

私はNAMコインともう1種類のICOに参加しています。

ICOの95%は詐欺・失敗に終わるわけですが、NAMコインは成功するだろう!と予想して現金を突っ込んだ理由をご説明します。

仮想通貨を理詰めで推すのは苦労しました。

ICOへの参戦は超ハイリスク、超ハイリターンです。その覚悟は貴方にありますか?





1.NAMコインの概要


NAMコインの概要を説明します。

株式会社NAMが以下を達成するためのデジタル権利証です。
・人工知能による問診
・ブロックチェーン深層学習で次世代のカルテシステム
・疾患の予測モデルを予防へ体質に合わせた健康商品を人工知能が選別

紹介動画:

www.youtube.com



これ以上の情報は >>NAMコインHP<< をご覧ください。

2.結論

NAMコインは他のICOに比べ、実現性が高いと見られる。

そのため、shovetは参戦を決めた。

3.理由1:CEOの中野哲平の提案が経産省所轄の未踏アドバンスド事業に採択されている


NAMコインのCEOはお上から予算をつけてもらって、研究する能力のある方です。

お上から予算をつけてもらえる苦労は相当のものであることを知っているため、
相当な能力・気合をお持ちの方である点を評価しています。

そのため、NAMの成功率は高いと考えています。

採択されたPJ: >> 未踏アドバンスト事業:2017年度採択プロジェクト概要(中野PJ) <<

※ただしこれ、辞退してるみたいなんですよね。
 なんじゃそれ!簡単に辞退できるのか、怪しんでいます。



Q.png

4.理由2:資源を自身で保有しないが、その資源を提供する産業になりうる

抽象的で分かりにくいですよね。

具体的に言います。Uberをイメージしてください。
タクシーを保有せずにタクシーを配車しています。

このNAMも同じ状況を実現しうるということです。
医者を抱えることなく、適切な診断科などを案内することができる。

自身で資源を抱えることは管理費などが発生します。
が、資源を抱えることなくそのサービスを提供することは高い利益率を確保できます。
※そういう事業形態の弱点はインフレ。
  物体の値段は上げやすいけど、システムやソフトウェアなどの見えない物の値段って上げにくいので。




5.理由3:ICOへの参加=プライベートエクイティに参戦したのと似た状況になって儲けられる


これはNAMコインを選んだ理由にはならないのですが、ICOに参加する理由を述べます。

今の株式相場の傾向として、未公開株式への投資が儲かると見られています。
※理由は不勉強でつかめていませんが、JPMAMもピクテも同様の見解であるため、
  ある程度信用に値すると考えています。

そもそも未公開株式って?プライベートエクイティって?ってところだと思いますので説明します。

・プライベート・エクイティとは
良さそうな会社に株式未公開会社に投資して、会社が大きくなったら売る。ってイメージです。

詳しくは。
・複数の機関投資家や個人投資家から集めた資金を基に事業会社や金融機関の未公開株を取得し、同時にその企業の経営に深く関与して「企業価値を高めた後に売却」することで高いIRR(内部収益率)を獲得することを目的とした投資のこと。

プライベートエクイティに個人が参加する方法は、プライベートエクイティファンドに投資することしか知りません。
ですが、ICOで参加すればプライベートエクイティを実施していることになると考えています。

そのため、このプライベートエクイティが儲かる相場のタイミングでICOを通じて、プライベートエクイティに参戦した、
という立てつけになります。

JPMAMの今後15年の表を見ても、他の株式より儲けられると見込まれていることが分かります。

PEのリターン

6.本音

強烈なことを言います。

数多くの仮想通貨事業に対し、何を達成したいかには私は興味がありません。
なぜかというと宗教と同じで綺麗ごとをいくらでも並べることができます。

大切なのは実現性です。何をやりたいかはその次。

その観点から投資を決めました。
※全資産の2~3%の保有です。仮想通貨はボラが大きすぎるため、それで十分です。

お上から予算をつけてもらえるプレゼンをするだけの能力がある方なので、
実現性◎と判断しました。

医療系なので制度が非常に厳しく苦労するとは思いますが、頑張ってくれるでしょう。



7.まとめ

NAMコインのICOに参戦を決めたのは以下の理由である。
理由1:CEOの中野哲平の提案が経産省所轄の未踏アドバンスド事業に採択されている
理由2:資源を自身で保有しないが、その資源を提供する産業になりうる
理由3:ICOへの参加=プライベートエクイティに参戦したのと似た状況になって儲けられる

実現性は比較的高いんじゃないでしょうか。


@shovetでした。
関連記事

コメント

No title

実現性…メモメモ

Re: No title

ちょっと異なった見方からICOを評価してみました。
スピンドルのメンバーより、NAMコインのほうがよっぽど実現性ありそうでしょう?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shovet Plaude

Author:shovet Plaude
家族4人のサラリーマンの父(喘息持ち)が40代での早期退職を目指す!
・喘息持ちの平社員が投資をして早期退職
・家族重視のライフワークバランス
・育児休暇取得しながら、マイペースに仕事
・電波が専門の元SWエンジニア、なぜか今は事務系

【投資方針】
・全世界株に長期投資。
・7割はインデックス投資、2割は個別株、1割は仮想通貨+VIX指数など



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければクリックを♪

ブログ資産化ゼミの紹介

shovetも参加しているグループの紹介。
興味のある方は画像クリック↓
180408-4.png