記事一覧

100円からできるものも!投資8種類、一覧で解説


top投資商品の徹底解説

投資をすることで資産保全・資産形成を実現することが出来ます。

でも、単なる貯金を止めて、投資をはじめよう!と思われた初心者の方には、
何を買えばいいんだ?という方が非常に多いと思います。

でも、大丈夫。 皆さんに参考にしていただくため、本記事では投資商品の一覧をご説明します。

この記事を読んで学べば、適切な投資対象を選べます!

多くの投資商品・どんな方にどの商品が向くのかご説明します!







1.投資をする理由


そもそも、投資をする理由ってなんでしょう?
私は主に2個あると思っています。
①インフレへの対策
②資産をより増やすため

インフレへの対策
インフレとは現金の価値が下がって、物の価値が上昇することです。
日銀はインフレ目標2%を挙げており、貯金したままでは年2%ずつ下がっていきます。
今、100万円を貯金すると、1年後には98万円の価値になってしまいます。

※ただ、最近は、日銀は年率2%インフレ目標を達成できない!と悩み中。

資産をより増やすため
大体、インデックス投資であれば今後15年間は5~6%の年利が見込めます。
10年続ければ1.5倍になりますね!20年で2倍になります。
一見ゆっくりに見えますが・・・原資を3000万円用意できたとします。
運用すれば大体年150万円増えるので、150万円使っても減りません!

これより少なく使えば、資産は増えていくわけで・・・
貯まり始めればあっと言う間に自己増殖します。

ポイント

投資の目的は?①インフレへの対策。②資産をより増やすため




インフレが怖いのも事実だが、資産を築きたいから投資やりたいぞ!何を買えばいいんだ?


この後商品ごとの性質を説明するから、そこから選んで!オススメも説明するわ。



2.投資の種類


本記事で扱う投資商品の性質の一覧を示します。
次項からはそれぞれの詳細をご説明します。

商品リスクリターン概要
投資信託★★★☆☆★★★☆☆100円から買えて、
世界中の会社の株が
買えるからオススメ
ETF
(上場投資信託)
★★★☆☆★★★☆☆投資信託とほぼ同じ。
差は投資額最小単位が高いこと。
IPO
(新規公開株)
★☆☆☆☆★★★★★ローリスクハイリターン。
弱点は抽選に当たらない点。
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
★★★★☆★★★★☆投資信託同様オススメ。
60歳まで引き出せないので
金額を調整しながらやること。
REIT
(不動産投資信託)
★★★☆☆★★★☆☆現物不動産に比べリスクが小さめ。
分配金多め。
個別株式★★★★★★★★★★ハイリスクハイリターン
難しいが、試行錯誤は楽しい。
企業型確定拠出年金★★★★☆★★★★☆iDeCoと同じ。
60歳まで引き出せない。
個人向け国債★☆☆☆☆★☆☆☆☆絶対に減らしたくない方にオススメ


ここで、投資を始める前に2つの大前提!

①オススメの証券会社はSBI証券
理由は以下の3点です。
・取引手数料が業界最低
・商品数が十分な数ある。
・IPOに申し込んだときに落選してもポイントが貰える。
 つまり、現金を遊ばせること無くコツコツ儲けられる。

口座開設はこちら!


②投資商品を選ぶ際は相場を大幅に上回る高利回り商品を選ばない
年利7%を超えたあたりから怪しいです。
異常なリスクが隠れている可能性があります。注意!

具体例:太陽光発電や、ソーシャルレンディングです。
両者共に、規制されてどうなるのか先が見えません。



2.1.投資信託


最もオススメの投資商品はこの投資信託です。
最低投資金額は100円~です。
オススメの商品は >>楽天バンガード・トータル・ワールド・ストック << です。
選び方は >> 投資信託を選ぶ5つの観点:最重要観点は経費率 << に説明があります。

・投資信託とは:投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などに投資・運用しその運用の成果として生まれた利益を皆さんに還元するという金融商品です。

メリット
非常に素晴らしい商品が多く有ります。
・色々な会社が代理購入してくれた分散された株を
・少ない元手で(100円~)購入できます。

イメージを説明します。
100円でとある投資信託を買うと、2円でアマゾン、2円でアップル、1円でトヨタ・・・etcを買ったことと同じ状況になります。

ポイント

投資信託は100円から買える。
オススメはSBI証券で楽天バンガード・トータル・ワールド・ストック

shovetが買っている、証券会社・オススメの商品はどれだ?
SBI証券で楽天・全世界株式インデックス・ファンドを買っているわ。


2.2.ETF(上場投資信託)


最低投資金額は約3000円($30)~です。
オススメの商品は >> バンガード・トータル・ワールド・ストック << です。

・ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

要するに、詰め合わせの商品です。

メリット
こちらも1個の銘柄を買うだけで、数千の会社に投資したことと同じ状況になるため、非常にオススメです。

投資信託よりETFが劣る点
・1株単位で買えるけど数千円する
・米国市場にこそ多くのETFが上場しているため、購入手数料が少々高めです。
購入手数料は500円~です。

ポイント

投資信託同様非常にオススメ。差は投資額最小単位が投資信託より高いこと



shovetが買っている、証券会社・オススメの商品はどれだ?


番外編:略語解説(ティッカーシンボル)

ブログにはVTやVGKなどの用語が溢れていますよね。
ティッカーシンボルとは上場企業や商品を識別するための略称です。具体例を示します。
ティッカーシンボル正式名称投資先
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF全世界
VGKバンガード・FTSE・ヨーロッパETF欧州
VWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF新興国
VEAバンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF先進国(除く米国)
BNDバンガード・米国トータル債券市場ETF米国の債券
(重要:株と逆の価格変動をする)
GLD金価格

これらを覚えていただければ、大抵のブログは楽に読めます。

2.3.IPO(新規公開株)


最小購入単位は数万円~となります。

IPOは新規公開株と言い、
これはちょっと特殊な商品となります。取引の流れは以下の通りです。
・上場前に、株の購入権利をみんなで応募・抽選
・当たった人だけ上場直前に購入
・基本、上場直後に売ると儲かります

実際私が当たったのがSKIYAKIという会社で、34万円で購入した100株が85万円になりました。
税引きで40万円の儲けですね。ボーナスです!

メリット
この商品は特殊なメリットがあります。
大体、儲かるかどうかが想像がつきます。
IT系、公開株数が少ない、1株の価格が安い、などの条件が揃えば、ほぼ間違いなく騰がります。
40万円の株が400万円になる場合も!
ローリスクハイリターンの商品です。

デメリット
ローリスクハイリターンで非常に儲かる商品ですがデメリットが・・・
抽選に当たりません。
色々な証券会社に口座を作って、頑張って申し込んで、大体1年1件当たるかどうかと言われています。
ですので、生活防衛資金として抱えている現金で応募すると良いと思います。
運よく当たればボーナスです。ほんとに。

ポイント

IPOはローリスクハイリターンなので非常にオススメ。弱点は抽選に当たらない点。




一週間で30万円が80万円に!?凄いなそれは・・・。どれぐらいの証券会社から応募してるんだ?
野村証券・みずほ証券・大和証券・SMBC日興証券・SBI証券・いちよし証券に口座開設して応募しています。


2.4.iDeCo(個人型確定拠出年金)


最小購入単位は5000円から1000円単位~となります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。
自分で作る年金ですね~

商品は投資信託より品揃えが悪いですが、そこまで問題ではありません。

メリット
・投資信託と同じで、少額で多くの会社の株を買ったことと同じ状況になる点
・iDeCoに回したお金は、課税されません。
 大体皆さん年収の2~3割は税金で引かれてると思いますが、そこが課税されなくなります。
 かなり大きいです。

デメリット
iDeCoに拠出したお金は非課税になるため良いのですが・・・
・年金なので60歳以上になるまで引き出せません。当然ですが。

ですので、徐々に拠出額しながら金額をどうすれば良いか悩むとよいと思います。

ポイント

iDeCoは投資信託同様オススメ。ただし、60歳まで引き出せないので徐々に金額を調整しながらやること。


私がiDeCoをやるなら、SBI証券でニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックスを買うわ。
でも私は悲しいことに、残念な商品ばかりの企業型にしか加入できないの。。。





この記事、結構ボリュームが多いな・・・そろそろ疲れてきたぞ


そうね・・・
だけど、あと半分!頑張って!みんな大好きな個別株式の説明もあるわ。



2.5.REIT(不動産投資信託)


最小購入単位は8万円ぐらい~

REIT(リート)とは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」とよばれています。

メリット
結構メリットは多いです。
・投資信託と同様、1個のREIT ETFを買うことで多くの物件を所有したことと同じ状況となります。
・現物不動産と違って値段がつく。現物不動産は不景気だと値段がつかないことさえあります。。。
・分配金の配当率が高い。毎年5%ほど返ってくることもあり、100万円分持てば毎年5万円返ってきます。

デメリット
・REITが倒産するとREIT ETFが紙切れになってしまいます。。。
 現物不動産であれば不動産会社が倒産しても、次の不動産会社を探せば良いだけですね。

ポイント

REITは現物不動産に比べリスクが小さめでオススメ。分配金が多く欲しい方は候補のひとつに良いと思います。

私がREITを買うなら、SBI証券でIYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF )を買うわ。
日本の地価は今後下がる見込みだから、日本ではなく米国の不動産を買うほうが良いと考えているわ。



2.6.個別株式


最小購入単位は500円ぐらい~

言わずとしれた株式です。
安いときに買って高いときに売るだけ!
・・・それが難しいです(´;ω;`)

メリット
・当たり外れが大きい=当たると大きく儲けることができる
・色々な銘柄から選ぶ作業が結構楽しい

デメリット
・当たり外れが大きい=外れると大きく損をする。
 ※多くの株を買ったことと同じ状況となる投資信託のほうが無難。
・株価変動は、世界の景気動向と非常によく連動しており、これを理解するのが難しい。
 株価変動と世界の景気動向を理解できる本はこちらになります。
>> 投資相場の今と未来を理解できる「相場サイクルの見分け方」はオススメの書。 <<
※私も勉強しながら頑張って売買しています。


ポイント

個別株式は大きく儲けられる反面、大きく損する場合がある。投資信託のほうが無難といえば無難。
でも、本などで勉強しながら売り買いするのは好きな人は楽しい。

shovetが買っている、証券会社・オススメの商品はどれだ?
SBI証券で少し買ってるけど、基本は秘密よ!過去に儲けたのは >> 田辺工業 << かしら。

2.7.企業型確定拠出年金


最小購入単位は5000円から1000円単位~となります。

企業型確定拠出年金は、掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。
自分で作る年金です。iDecoと大体一緒です。

商品はiDeCoより品揃えが悪いです。姉さん、大問題です(´・ω・`)

iDeCoと比べた際のデメリット
・商品ラインナップが非常に残念です!商品数が少なく、どれも手数料が高い・・・


会社がマッチング拠出を実施しているせいで、私はiDeCoに拠出できません(´・ω・`)
iDeCoできる方はiDeCoやってください。

私が実践している運用方法・オススメのポートフォリオはこちらとなります。
>> 確定拠出年金のオススメの運用方法はモメンタム投資! <<

ポイント

企業型確定拠出年金よりはiDeCoのほうがオススメ。商品数がiDeCoのほうが多いです。




shovetはゴチャゴチャやってるのか。増えるといいな?


2.8.個人向け国債


個人向け国債です。

変動10年・固定5年・固定3年
満期10年
金利0.05%
(税引前)
利子半年に1回受取
販売価格1万円以上
1万円単位
中途換金発行後1年すれば元本割れなく国が買取
購入場所銀行・証券会社・ゆうちょ銀行

出展:http://president.jp/articles/-/21685

メリット
・円の額面では減らない点にあります。
 絶対に減らしたくない!という方にはオススメです。
・購入時にキャンペーンをやっている証券会社も多く、100万円分買うと数千円キャッシュバックしてもらえることが多いです。
・変動10年を買えば、異次元緩和(低金利)の今でも、金利の上昇に伴って、国債の金利を変動させてもらえます。
 今は国債の金利が0.05%ですが、0.1%や0.2%に購入後変動するということです。

デメリット
・額面で減らない分、殆ど儲からない。。。

ポイント

国債は絶対に減らしたくない!という方にオススメ!




3.個々人に合った投資とは


基本的に個々人のポートフォリオは以下のように作るのが正しいと考えています。
①資産をリスク許容度ごとに配分
②配分した資産をリスク許容度に合った、投資先に投資
詳細は >> 初心者も投資で負けたくないなら、この本(ピクテ式 投資セオリー)を読みなさい << に記載。

ただし、皆さん個々人で、元手を何年で何倍にしたいか、が、異なりますよね。
そこで本章では、こういった方にはこの商品が重視すると良いですよ!というサンプルを掲載します。

まず、商品ごとに、何年間で何%儲かるかを示します。
これを大前提にしてお話します。

商品何年間投資
し続けるか
年利何%
儲けられるか
投資信託105
ETF
(上場投資信託)
105
IPO
(新規公開株)
数日数日で
数倍
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
2~305
REIT
(不動産投資信託)
105
個別株式数日~数年1週間で
最大数倍
企業型確定拠出年金2~305
個人向け国債1年以上0.05


3.1.絶対に減らしたくない方


個人向け国債・IPO(新規公開株)を重視すると良いです。

3.2.1年で2倍を狙う方


個別株式です。ただし、個別株式は価格変動が激しいので注意してください。
減る可能性が多いにあります。
株価変動は、世界の景気動向と非常によく連動しており、これを理解するのが難しいです。

ポイント

オススメはよく勉強して、考えて、調べて株を選ぶこと。 景気動向の理解には>> 投資相場の今と未来を理解できる「相場サイクルの見分け方」はオススメの書。 <<参考にどうぞ。




3.3.10年で1.5倍を狙う方


投資信託・ETF(上場投資信託)です。
大体景気変動が8~10年と言われており、その間ずーっと保有し続ける必要があります。(8~10年上げ下げする)
そのため、短期間で狼狽売りするのは好ましくありません。

ポイント

オススメはSBI証券で楽天>> バンガード・トータル・ワールド・ストック <<



3.4.30年で3倍を狙う方


iDeCo(個人型確定拠出年金)、企業型確定拠出年金です。
投資したお金は税金がかからなくなるため、投資した直後に2~30%の利益が確定した状態になります。
※ただし、受け取り方では課税されるため、今後の政府の方針に寄る部分はあります。


ポイント

オススメはSBI証券・楽天証券で経費率の低い、先進国に分散した商品を買うこと。



最後に。
長めの解説を読んでくださって有難うございました。
色々な投資商品がありますので、皆さんに合った商品があるはずです。
皆さん、投資を始めみてはいかがでしょう?
オススメの証券会社はSBI証券・楽天証券です。
手数料が安く、商品の品ぞろえが非常に良いです。
関連記事

コメント

表が見やすい(*´▽`*)

まとめ記事良いですね(*´▽`*)ミヤスイ

Re: 表が見やすい(*´▽`*)

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shovet Plaude

Author:shovet Plaude
家族4人のサラリーマンの父(喘息持ち)が40代での早期退職を目指す!
・喘息持ちの平社員が投資をして早期退職
・家族重視のライフワークバランス
・育児休暇取得しながら、マイペースに仕事
・電波が専門の元SWエンジニア、なぜか今は事務系

【投資方針】
・全世界株に長期投資。
・7割はインデックス投資、2割は個別株、1割は仮想通貨+VIX指数など



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければクリックを♪

ブログ資産化ゼミの紹介

shovetも参加しているグループの紹介。
興味のある方は画像クリック↓
180408-4.png
このページのトップへ