記事一覧

初心者も投資で負けたくないなら、この本(ピクテ式 投資セオリー)を読みなさい


topピクテ式投資セオリー

投資で負けないって難しいですよね。

下がったときに狼狽して売れば原資が減るため、負けです。

狼狽売りは資産配分・投資先が自分に合っていないから起こります。

そこで、世界の富裕層の資産を管理している
ピクテの本から得た、
狼狽売りしない、負けない投資資産配分とその3つ理由を示します。

資産配分を学ぶ本は「ピクテ式投資セオリー」です。
最近投資が話題になっているな?投資は良く分からないが、アマゾンの株でも買うか・・・
待って!
①資産を丁寧に配分
②資産の種類ごとに投資先を決める
この二つを丁寧にやるだけで負ける確率は圧倒的に減るわ!
だから、私の説明を聞いて!



1.やり方:持っている資産を5種類に配分。そして投資する

面倒な作業の説明するわ、大切だから聞いてね。
丁寧に資産を配分して投資することで、下落局面での耐性を実感できるわ。

さて、ピクテでは投資資産を以下の5種類に分類しています。
資産クラス 説明 投資先 投資商品例
現金 2年以下の投資資金 生活防衛資金:数百万円 現金
欲張らない投資 2~5年投資
できる資金
年率2%を得られる商品 ①現金
ピクテ・クアトロ
③ピクテ・アルテ
ちょっと欲張る投資 5~9年投資 リスクが約10%の商品
・為替ヘッジされた
世界公益株式ファンド
・為替ヘッジされた
新興国債券ファンド
①為替ヘッジありの
新興国債券
②三井住友・DC年金
バランス30
③ピクテ・アルテ
★育てる投資 10年投資 リスクが約15%の商品
・世界分散株式投資
ETFで世界分散投資
VWO + VEA+ VTI
VT
★スパイス的投資 15年以上投資 単一市場・単一投資対象 VWO or EDC
②iTrust新興国
★育てる投資・★スパイス投資については
ご自身の年齢によって配分が異なります。

年齢ごとの推奨される資産配分は以下の通り。
この表に基づいて資産配分し、
投資商品を購入すれば良いです。

資産 30歳 40歳 50歳
現金 2年以内の出費 同左 同左
欲張らない投資 5年以内 同左 同左
ちょっと欲張る投資 9年以内 同左 同左
育てる投資 残りの6~70% 7~80% 8~90%
スパイス的投資 残りの3~40% 2~30% 1~20%
※年齢があがるほどスパイス投資が減り、
 育てる投資の割合が増えます。
 スパイス投資は15年以上投資するのが前提で、
 高齢になってから投資すると儲かっているタイミングで売れる確率が下がりますね。

なんだこのややこしい配分作業は?面倒だなぁ・・・
確かに面倒な作業だけど、丁寧に配分して投資することで、下落局面での耐性を実感できるわ。
この後に
・下落局面での耐性を実感してもらう
・配分の具体的なやり方を説明するわ
ポイント

負けない=狼狽売りしない投資方:資産を5つの種類の資産に分けて、資産ごとに投資先を決める。



2.狼狽売りしない理由1:資産の主力は10年以上世界分散投資。一時的には下がっても10年以上の投資では基本的にプラスのリターンが得られている

欲張らない投資、
ちょっと欲張る投資は
リスクが小さく、
資産の主力にはなりません。

主力は10年以上投資する
★育てる投資です。

投資をすると減る可能性があるのは紛れもない事実です。

ですが、それでもなお過去のデータによると
株価が60%減したリーマンショックを含む
過去15年間のデータでも、
世界分散株式投資を実施した場合 上昇しています。

縦軸がリターン、横軸がリスク。
各国の株式の利率を示したグラフになります。

世界株式投資の点に注目するとリターンが+になっています。


リスクリターン表1

以上のデータから、 確かに下がるときもあります。

が、基本的には長期的には騰がります。
そして、下がったときに手放さないことが重要です。

この前提があれば少々下がったところで 狼狽売りしませんよね。
ポイント

狼狽売りしない理由1:主たる投資資産となる、十分に世界分散させた資産は10年保有すれば基本的に上昇する。



なに!?リーマンショックを挟んでも、世界分散投資して長期保有すれば基本的に騰がっているのか!
その通り!


3.狼狽売りしない理由2:この2018年1~3月の下落率で狼狽売りはありえないことを実証

500万円・900万円の資産がある場合のポートフォリオを仮定して、
この下落率であれば狼狽売りしないことを証明します。

3.1.500万の資産の下落率は4%

以下のポートフォリオと仮定。
資産 例:500万の
振り分け(万円)
投資先
2年以内 0 現金
2~5年投資 110 ピクテ クアトロ
5~9年 310 三井住友・DC
年金バランス30
10年 80 VT


2018/1~3月のポートフォリオの最高値で500万持っていた場合の
最安値・下落率は以下の通りです。

資産 投資先 最高値(万) 最安値(万) 下落率
2年以内 現金 0 0
2~5年投資 ピクテ クアトロ 110 108 2%
5~9年 三井住友・DC
年金バランス30
310 300 3%
10年 VT 80 72 10%
合計 500 480 4%

下落したと言っても全体で4%です。

5年以下で使う資産は2~3%の下落です。
この状況で狼狽売りしますか?
大半の方は狼狽売りしないでしょう。

3.2.900万の資産の下落率(6.7%)

900万の資産を割り振ったとすると、
以下の通りです。
資産 投資先 最高値(万) 最安値(万) 下落率
2年以内 現金 0 0
2~5年投資 ピクテ クアトロ 110 108 2%
5~9年 三井住友・DC
年金バランス30
310 300 3%
10年 VT 480 432 10%
合計 900 840 6.7%

直近の下落時にはVTが10%下落しました。

が、この程度の下落であれば別に狼狽売りしませんよね。

ポイント

狼狽売りしない理由2:丁寧に配分しておけば、下落時も案外下がらない。



面倒な資産の配分作業だったが、ちゃんと配分しておくと案外下がらないのだな・・・
その通り!
更に詳細な情報を知りたくなった方は是非購入を。


4.我が家(父は30代)による具体例

さて、30代の我が家の場合だと各資産分配はどうなるか?

やり方を示します。

4.1.必須の予算を書きだす

家も車も持つ気無し。

○年以内に必要になる資金
=学費なので公立の学費とします。

我が子は2歳の子と1歳の子なので、
各資産に割り振るべき金額はこうなります。

参考として、500万円の貯金があった場合、
どう分散させると良いか、示します。

※資産を割り振る優先順位は上からの順番
資産 資産クラスごとの
下限額(万円)
例:500万貯金がある
場合の振り分け(万円)
2年以内 0 0
2~5年投資 110 110
5~9年 310 310
10年 507 500-110-310= 80
15年以上 1123 0

4.2.資産ごとに投資先を決める


あとは資産ごとに適切な投資先に
投資するだけです。

資産 例:500万貯金がある
場合の振り分け(万円)
投資先の例
2年以内 0 現金
2~5年投資 110 ①現金
ピクテ クアトロ
③ ピクテ アルテ
5~9年 310 ①為替ヘッジありの
新興国債券
②三井住友・DC年金
バランス30
③ピクテ・アルテ
10年 500-110-310=80 ETFで世界分散投資
VWO + VEA + VTI
VT
15年以上 0 VWO or EDC
②iTrust新興国
ポイント

資産を丁寧に配分してみるとこんな感じ。



5.まとめ

以上、負けない、投資資産配分のやり方をまとめます。
手順
教育費・車の車検代・家代・その他必須の予算を書きだす
=>4.我が家(父は30代)による具体例の前半参照
何年間投資にさらす資産か明確にしてから投資。
=>4.我が家(父は30代)による具体例の後半参照
購入時に決めた期間通り、
頑張ってホールド
あとはリスクに合わせてリターンを授かり、
場合によっては10年後には資産が1.5倍以上に。
面倒な作業だったが、ちゃんと資産を配分して投資すると負けない気がするな。
そうでしょ?
資産を配分して投資すれば(=資産ごとのリスクにあった投資をすれば)、
狼狽売りすることなく長期投資して資産を築いていけるわ。
ポイント

本記事で示した負けない投資法で、 >> これまで貯金だけだった方もこの方法で投資へ <<

そして、狭い地域への投資ではなく >> 世界分散長期投資 << へ。

一緒に資産を築いていきましょう!


負けない投資を知るためにオススメします。








ピクテバリュー宣言

ピクテに関して興味を持たれた方は
ピクテセミナー」カテゴリの記事もどうぞ。
私がピクテから学んだことを随時更新しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shovet Plaude

Author:shovet Plaude
家族4人のサラリーマンの父(喘息持ち)が40代での早期退職を目指す!
・喘息持ちの平社員が投資をして早期退職
・家族重視のライフワークバランス
・育児休暇取得しながら、マイペースに仕事
・電波が専門の元SWエンジニア、なぜか今は事務系

【投資方針】
・全世界株に長期投資。
・7割はインデックス投資、2割は個別株、1割は仮想通貨+VIX指数など



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければクリックを♪

ブログ資産化ゼミの紹介

shovetも参加しているグループの紹介。
興味のある方は画像クリック↓
180408-4.png