記事一覧

第一級陸上無線技術士 令和元年7月期  無線工学の基礎 A-3、A-4、A-5、A-6、A-7の解説


第一級陸上無線技術士 令和元年7月期  無線工学の基礎 A-3、A-4、A-5、A-6、A-7の解説です。

応援してくださる方はこちらから投げ銭お願いします。

質問は私のツイッターにどうぞ。

過去問はこちらから。

A-3
磁気回路ですね。磁気回路と電気回路の対応関係を確認しましょう。
解く時は電気回路に変換して解くと楽です。
レイワ1年7月基礎A-3解説


A-4
静電エネルギーと電磁エネルギーの公式を使えば終わり。
定常状態になるまでに貯まるエネルギーは時々刻々のエネルギーを積分すれば導出できるので確認しておくと尚良いです。
レイワ1年7月基礎A-4解説


A-5
まず、回路を書き換えます。
電池から最大電力を取り出す条件は、外部にも内部抵抗と同じ大きさの抵抗を繋ぐことです。
二次曲線の極大が外部抵抗=内部抵抗のときに達成されます。
レイワ1年7月基礎A-5解説


A-6
皮相電力、有効電力、力率の問題です。
レイワ1年7月基礎A-6解説


A-7
RCLの直列接続共振回路の問題です。
数式で解いても良いですが面倒くさいです。物理的理解から攻めるのが楽そう。

周波数が0に近づくほど
コンデンサは単なる空隙に、
コイルは単なる銅線に近似できます。

レイワ1年7月基礎A-7解説


以上。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shovet Plaude

Author:shovet Plaude
家族4人のサラリーマンの父(喘息持ち)が40代での早期退職を目指す!
・喘息持ちの平社員が投資をして早期退職
・家族重視のライフワークバランス
・育児休暇取得しながら、マイペースに仕事
・電波が専門のエンジニア

【投資方針】
・全世界株に長期投資。
・7割はインデックス投資、2割は個別株、1割は仮想通貨+VIX指数など



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければクリックを♪

ブログ資産化ゼミの紹介

shovetも参加しているグループの紹介。
興味のある方は画像クリック↓
180408-4.png